オイルフィルター交換 ハーレーカスタム

オイルフィルター交換 ハーレーカスタム

 

オイルフィルター交換

2015年1月6日

オイルフィルターの交換作業をご紹介します。車両は2007年のXL1200Rです。
オイルフィルターはエンジンの中を巡るオイルの汚れを取り除くパーツです。 汚れが溜まってくるため、定期的な交換が必要です。オイル交換の際に一緒に行うことが多いです。

オイルフィルターの位置を確認


ツインカム、スポーツスターモデルのオイルフィルターはフロントシリンダーの前側にあります。 位置を確認したらオイルフィルターの真下にオイル受け皿を置きます。

オイル抜きをスムーズにするため、エンジンを暖機してオイルを温めてからおこなってください。 オイル交換と合わせておこなうと効率的です。

フィルターレンチを使用してフィルターを外す


フィルターレンチを使用してオイルフィルターを少し緩めます。お使いのフィルターに合ったフィルターレンチを使用してください。

そのままオイルフィルターを外すとオイルで車体が汚れてしまいます。 オイルフィルターの下側に紙や段ボールを敷くか、オイルキャッチャー・ドレインオイル・ファンネルを用意し、オイルフィルターをゆっくり外していきます。

新品のオイルフィルターの準備


新品のオイルフィルターに新品のオイルを1/3程度入れます。次にオイルフィルターのOリングの部分にエンジンオイルを塗布します。 こうすることで、取り付けの際にOリングがよじれてオイル漏れの原因になるのを防ぎます。

取り付けには工具を使用せず、手できつく締めるだけにしましょう。工具を使用してきつく締めるとOリングがよじれてオイル漏れの原因になる場合があります。
以上で交換作業が完了となります。

関連商品


 
pageTop

電話でお問合せ

スマートフォンページへ


ショッピングガイド