車載工具はハーレーに必要なのか

車載工具はハーレーに必要なのか

  1. TOPページ
  2. ハーレーパーツティップス
  3. 車載工具はハーレーに必要なのか
 

車載工具はハーレーに必要なのか

2018年9月8日
車載工具はハーレーに必要なのか

愛車のメンテナンスは日頃から行っているでしょうか?定期的なメンテナンスは、ハーレーの寿命を引き上げます。トラブルが発生しないように心がけることが大切ですが、それでも思わぬ事態は起きる時は起きるものです。
そんな時に役立つ車載工具ですが、どの程度必要なものなのか、一度考えてみたいと思います。

いざというときの備え

いざというときの備え

自宅に備え付けの工具セットをお持ちの方は多いでしょうが、出先で何か起こった時に対処ができるようにと携帯用の車載工具セットをハーレーに積むことを、必要と感じていない人もいらっしゃるでしょう。備えとしてはあったほうが望ましいものには違いありませんが、何も起こらないというのが一番ですし、そうならないように皆さん気をつけていることと思います。
常に仲間と一緒にツーリングをしているのであれば1人持っていればいい話ですからね。何より知識も持たずに工具を持つことで、逆に事態を悪化することもあるので分からない物は触らないというのも判断として正しいのかも知れません。

ツーリングのルート内にバイクショップが有ると確認していれば、何かあればそこに行けばいいわけですし、どこかしらのセーフポイントを確保さえしていれば安心です。
近場への移動であれば必要無いでしょうし、愛車を定期的に触るような人でなければ、それほど扱うことも無いというのが正直な所です。

ロングツーリングの際には、休憩を挟んだ際にボルトを締めなおしたりと、活躍する場面が全く無いというわけではありません。「新く取り付けたカスタムパーツがネジが緩くて、振動によって途中でガタつき始めた」といったケースにはすぐに対処できます。
ソロツーリングの機会が多いのであれば、深い知識を有して工具を持っておけば、ある程度の不安を拭うことが出来ます。

旧車にとっては無くてはならない

現行のラインナップでは、突然動かなくなったなどという話はめったに聞かなくなりました。ハーレーの安定性はすでに国産車と同等レベルに引き上げられていることでしょう。ハーレーが壊れやすいというイメージは、もうだいぶ薄れているのではないでしょうか。

しかし、ナックルヘッドやショベルヘッドなどの旧車には車載工具は必需品です。工具のみだけでは足りず、まるで壊れる前提のように、スペアのパーツを持ち歩くくらいでないと安心出来ないほどに、トラブルの多い車両だったと言われています。昔の車両を昔のパーツのまま使っていたら、今でもそのままでしょうが、現在の技術力で作られたパーツへ交換したり、旧車の弱点を理解しているショップにお願いするなどすれば、ある程度改善されます。

とはいえ、現在の技術でチューンアップしても旧車を愛用しているオーナーは、工具の確認は怠っていないでしょう。遠乗りの際にはスペアパーツも詰め込む人も少なくは無いのだとか。旧車のオーナーはツーリング中の修理すら楽しむ人が多いので、そういう心意気は尊敬しますね。

新車には付いている車載工具

ハーレーダビッドソンで新車で購入した場合、色々な特典アイテムがもらえます。その中に車載工具があります。よっぽど念入りな備えをしたいと思わない限りはこれで充分です。ボルトの締め直しやオイル交換などの日々のメンテナンス作業にも、この付属の車載工具で事足ります。
しかし、中古で購入した際についてくることは稀なので、自分で用意しなくてはなりません。ハーレーダビッドソンからも車載工具の販売していますが、各社からも様々なコンセプトで作られた工具セットが販売されているので、自分の力量にあったものを選ぶと良いでしょう。

車載用のツールバッグやケース

車載用のツールバッグやケース

荷物の持ち運びにはサドルバッグが便利ですが、常に持ち歩くような物なので、専用のツールバッグを装着している方が多いです。ほとんどのものはレザー製なので、ハーレーの雰囲気を損なわずに装着することが出来ます。フロントフォークなどに括りつけるもの多いですが、取付箇所は人によって様々です。

ハーレーダビッドソンからは専用のクローム・ツールボックスも販売されています。
ツールバッグではどうしても弱かったセキュリティ面を最大まで引き上げたカスタムパーツ。クロームメッキなので車体の雰囲気を崩しにくく、鍵付きのため中身が盗難されるという心配もありません。ソフテイルモデル対応品です。

工具以外のトラブル対策も

工具以外のトラブル対策も

あらゆる対策をしておこう!と意気込むと、必要なものが多くなりすぎて、全部はハーレーに詰め込めなくなるので、発生しやすいトラブルの対策をするのにとどめておきましょう。

ツーリングで経験したトラブルの中でよく聞くのはゲリラ豪雨です。とくに山を走る場合はレイングッズは欠かせません。
バッテリー上がりもよく聞くので、携帯用のジャンプスターターもあれば安心です。ガス欠は防げるトラブルですが、知らない道を走った時にガソリンスタンドが見つからないなどの事態があるかも知れません。余裕があればガソリン携帯缶も考えてみるといいでしょう。

事前のメンテナンスや心がけで、防げるトラブルも多いです。その道のプロであるバイクショップで定期的な点検をすることが一番でしょう。


この記事内で登場したアイテム
関連カテゴリー
関連コンテンツ
 
pageTop

電話でお問合せ

スマートフォンページへ


ショッピングガイド