【初心者にも分かる】ヒーテッドグリップの取り付け講座【2013年FLHX ストリートグライド】

会員様も非会員様も利用可能 1週間限定 ウインカー 10%OFFセール 延長決定!  ~ 10/7(金) 19:00
  1. アンバーピース
  2. ハーレーパーツティップス
  3. 【初心者にも分かる】ヒーテッドグリップの取り付け講座
 

【初心者にも分かる】ヒーテッドグリップの取り付け講座【2013年FLHX ストリートグライド】

2022年1月23日

AVON Performanceヒーテッドグリップ

寒い時期のカスタムパーツといえばヒーテッドグリップを使っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ですが、中には配線知識や工具などに尻込みしてしまって手を出しづらく感じている方もいらっしゃると思います。

そこで今回は2013年FLHXストリートグライドをモデルにして、ヒーテッドグリップの取り付けを一からお見せしていきたいと思います。

少し複雑に感じるかもしれませんが、一つ一つの作業は単純ですので、この機会にヒーテッドグリップをより身近なものに感じて頂ければ幸いです。

それでは始めていきたいと思います。


【作業前準備】 ★安全に作業するためにも準備は確実に行いましょう!

車体をジャッキアップして車両を固定し、バッテリーのマイナス端子もしくはメインヒューズを外し、フューエルタンク、フロントフェンダーに傷が付かないようにサービスカバーをします。

①グリップの取り外し

AVON Performanceヒーテッドグリップ

こちらは作業前の2013年FLHXストリートグライドの様子です。

この状態からブレーキマスターシリンダー、クラッチレバーブラケット、スイッチハウジングを固定しているボルトを外して右側のグリップを引き抜きます。

今回の車両は電子スロットルモデルになるのでグリップにアクセルケーブルは引っかかっていないのでそのまま引き抜けます。


AVON Performanceヒーテッドグリップ

左側のグリップは接着剤で固定されているのでグリップの内側に細いマイナスドライバー等を差し込み、潤滑剤などを使用して接着剤を剥がしながら引き抜きます。

再使用しない場合はカッターナイフでカットして取り外しても差し支えありません。

右側のグリップを取り外すと電子スロットルセンサーのユニットがハンドル内側に入っています。

先端に黒いキャップが付いていますので外しておきます。


AVON Performanceヒーテッドグリップ

作業後はこんな感じになります。


②アウターフェアリングの取り外し

AVON Performanceヒーテッドグリップ

今回取り付けるAVON Performanceのヒーテッドグリップはハンドルの中に配線を通しますので、アウターフェアリングを取り外す必要があります。

下側にあるボルト2本、両サイドにあるボルト2本、シールドを固定しているボルト3本の合計7本を下から取り外します。


③グリップの取り付け

AVON Performanceヒーテッドグリップ

右側のグリップのエンドキャップを取り外してコネクター部分をグリップの外側に出しておきます。

右側のグリップを差し込み電子スロットルセンサーユニットのギアに噛み合うまで奥までしっかりと入れスイッチハウジング、ブレーキマスターシリンダーを固定します。

グリップエンドから見える電子スロットルセンサーユニットの2つの小さい穴にコネクターを差し込みグリップのエンドキャップを取り付けます。

フェアリング内側にある電子スロットルセンサーユニットのカプラー付近にヒーテッドグリップ用の配線があるのでカプラーを外して付属の延長ハーネスを接続しておきます。


AVON Performanceヒーテッドグリップ

左側のハンドル端から中央の穴まで配線を通すため予めワイヤー等を通しておきます。

その先端にヒーテッドグリップの配線を巻き付けてハンドルの中に配線を通し、配線を引っ張りながらグリップを差し込んでスイッチハウジングを固定します。


④スイッチの取り付け

AVON Performanceヒーテッドグリップ

標準のクラッチレバーブラケットのクランプから付属のスイッチ付きのクランプハーフに交換して取り付けます。

スイッチの配線はハンドルに配線用の穴が空いていればそこから、空いていなければ穴を空けるかもしくは配線逃がし用の凹みを利用してフェアリング内へ引き込みます。


⑤モジュール、電源、配線の取り付け

AVON Performanceヒーテッドグリップ

モージュールから出ているヒューズの付いた赤い配線はIGスイッチをONにしたときに12Vがでる配線(オレンジ/白※車両の年式・モデルによって異なる場合があります)に接続して電源を取り出し、黒い配線はアースに接続します。

次に、モジュールから出ている残りの配線、左右のグリップからの配線とスイッチからの配線それぞれの配線の色を合わせて付属のコネクターを使用して繋げます。

配線は束にして邪魔にならないようにタイラップで固定します。


⑥動作確認、完成

AVON Performanceヒーテッドグリップ

フェアリングを取り付けてしまう前にIGスイッチをONにしてヒーテッドグリップのスイッチを入れ、グリップが温かくなるかの確認をします。

動作しない場合は電源取り出しの見直しや各配線がしっかり接続されているかの確認をしましょう。


AVON Performanceヒーテッドグリップ

正常に作動したのを確認してからフェアリングを取り付けて完成です。



今回ご紹介の商品はこちら


CUSTOM CONTOUR ヒーテッドグリップ
CUSTOM CONTOUR ヒーテッドグリップ

Kratonラバー製の柔らかい鋸歯状のテクスチャが優れたグリップ力を提供します。
冬場にもハーレーに乗るなら一つは持っておきたいアイテムです。

 
ハーレーパーツを探す
オイル&フィルター
ハンドル周り
フットコントロール
シート周り
マフラー
電装品
灯火類
吸気周り
エンジン周り
トランスミッション&クラッチ
ドライブライン
タイヤ&ブレーキ
サスペンション&フレーム
タンク周り&ゲージ
ケーブル&ホース
ガスケット&リビルドキット
バッグ&ポーチ
ウインドシールド
ツーリング用品
セキュリティー&カバー
ボルト&ナット
その他のパーツ
工具・メンテナンスを探す
工具セット
ハンドツール
特殊工具
計測機器
エレクトリックツール
配線処理類
ケミカル&洗車用品
ガレージ&整理用品
その他の工具
アパレルグッズを探す
ヘルメット
ヘッドギア
ゴーグル&サングラス
フェイスマスク&ネックウォーマー
レイングッズ
半袖シャツ
長袖シャツ
ジャケット
ベスト
パンツ
ブーツ
グローブ
ボディーカバー&サポーター
バッグ
財布&ウォレットチェーン
アクセサリー
バックル&ベルト
ガーディアンベル
ピンバッヂ&バッジ
キーホルダー
エンブレム&ステッカー
その他アパレル・グッズ
お役立ち機能
初めての方へ
ヘルプページ
お買い物ガイド
メルマガ登録
パーツ取り寄せ
カスタムバイクギャラリー
今すぐ役立つハーレーの記事
ポイント会員
インプレッション
お問い合わせ
サイトマップ
ログイン
お気に入りリスト
バイクショップ様向け
会社概要
ショップ案内
パーツ取り付け予約
ハーレー車検
プライバシーポリシー

ハーレー パーツ専門店 アンバーピース 〒466-0064 愛知県名古屋市昭和区鶴舞3丁目23-20 TEL.052-744-1891 FAX.052-744-1892

Copyright (C)2003-2022 Amber Piece, Inc. All Rights Reserved.

Page Top
052-744-1891