プラグインデクシングをやってみよう

プラグインデクシングをやってみよう

  1. TOPページ
  2. ハーレーパーツティップス
  3. プラグインデクシングをやってみよう
 

プラグインデクシングをやってみよう

2016年7月5日

プラグインデクシングとは、インテークバルブ側に電極の開放側を向けることです。

これを行うことにより、より安定した燃焼が得られ、始動性の向上、アイドリングの安定、燃費向上、馬力アップ等が期待できます。

プラグの向きを調整するパーツはこちら >> 
スパークプラグ インデクシングワッシャー

まずはプラグにマーキングします

電極の開放側を確認します。

電極の開放側が分かるようにプラグにマジックなどでマーキングします。

理想的な向きのイメージです。

一度装着して位置を確認、調整

一度プラグを装着して現状を確認します。インテーク側に向いていればそのままでOKです。
インテーク側を向いていなければスパークプラグ インデクシングワッシャーを使用して向きを調整します。
15枚セットになっているので丁度いい位置になるように枚数を変えて試してみましょう。

全てのプラグは電極の位置が決まっておらず、様々な位置のものがあり実際に車両に装着してみないと分かりませんので注意が必要です。


如何でしたでしょうか。電極の位置など大差ないと思いがちですが、
小さな部分からコツコツと自分で理想に近づけていくとより良い走りを体感でき、ハーレーライフが楽しくなると思います。

 

こんなパーツもあります

  • スパークプラグ ホルダー
  • スカルミラー クリアキン
  • MOTO フットペグ
  • ZOMBIE INFINITY ホーンカバー クリアキン
pageTop

電話でお問合せ

スマートフォンページへ


ショッピングガイド