1. ハーレーパーツティップス

悪質な盗難集団からお気に入りのシートを全力で守る売れ筋のシートスクリュー

 

悪質な盗難集団からお気に入りのシートを全力で守る売れ筋のシートスクリュー

2022年1月7日
LINEで送る twitter facebook mail

セキュリティーシートスクリュー

自分のハーレーの防犯対策に点数をつけるとしたら何点くらいでしょうか?

私はハーレーのカスタムと同じくらい防犯対策も限りなく高得点を取るべきだと思っています。

高額なハーレーなのに何もせず平和ボケして過ごしていたら、気に入っていたパーツを盗られた痛い過去があるからなんです。

窃盗集団にとってハーレーはお金のカタマリに見えるんですよね。

その日たまたまやつらが窃盗する予定なんかなくても、豪華なパーツで飾られたハーレーが視界に入ればそれはそれは旨そうに思えて食指が動いてしまうんです。

ヘルメットはもちろんのことですが、目に入りやすいシートも格好のターゲットになります。

防犯対策のされていないシートなんて、1分もかからない早業でやつらはかっさらっていくんです。

そんな悪質な窃盗集団に好き放題させないためにも、発売以来売れ筋となっているセキュリティーシートスクリューをご紹介していきたいと思います。

この先長く付き合っていく愛車を守るためにも一肌脱いでやりたい!と男気溢れるハーレー乗りは必見ですよ。


販売ページはこちら>>セキュリティーシートスクリュー【SADDLEMEN(サドルマン)】

防犯なんて大げさなことする必要あるの?

セキュリティーシートスクリューの全貌

自分の身に実際に起こるまで、「窃盗」なんて他人事でしかないのが普通の感覚なんですよね。

私だってそうでした。
防犯なんてカスタムの二の次。

お金と時間が余って気が向いたらやればいいやくらいの感覚だったんです。

大好きな自慢のハーレーにハンドルからシート、リアフェンダーまで他にもいろいろ替えてホクホクしていたら、それを構わず踏みにじってきたのが「窃盗」という見たくもなかった現実でした。

ヘルメットだけは防犯しているよという方も多いですが、シートもヘルメットに並んで「盗めば結構な金になる」パーツの一つです。

そして一度窃盗に成功すれば、こいつはまたヤレルと思って手を変え時期を変えて狙いに来るのが窃盗集団の思考回路なんです。

今回シートの防犯にサドルマンを推したいのは、サドルマンは間違いなくハーレーのシートメーカーの中で3本の指に入るだけの突出した実績と歴史があるからです。

ハーレーのシートと言えば名前が出てくるほど愛されるサドルマンは、シートそのものの価値はもちろんのことそれを守ることにも長年視野に入れて開発を進めてきています。

軟弱な防犯装置とは一線を画す彼らが開発してきたセキュリティーシートスクリューの全貌をお見せしていきたいと思います。


販売ページはこちら>>セキュリティーシートスクリュー【SADDLEMEN(サドルマン)】

セキュリティーシートスクリューを実際に装着するとこんな感じ

セキュリティーシートスクリューへの交換

さて、早速ハーレーにセキュリティーシートスクリューを装着していきたいと思います。

こちらはまだ装着前のハーレーの様子ですね。

まずはボルトをドライバーでくるくる回して外していきます。

肝心の取り付けが自力で簡単にできるかは重要なポイントですよね。

大丈夫です、やってみるとなんてことはない、5分もあれば終わる作業なので気おくれする必要はないですよ。


セキュリティーシートスクリューの付け替え前

無事にボルトが外れて、シートが外せる状態になりました。

ドライバー1本で簡単に外せてしまいましたね。

これってつまり、ドライバー1本あれば簡単に誰でもシートを外せちゃうってことなんですよね。

ハーレーオーナーにとっての着けはずしのしやすさは、窃盗集団にとってもなんともありがたい状態なんです。

手練れのやつらはものの数十秒もしないうちに外す技術を持っています。


セキュリティーシートスクリューの外観

そこで登場するのが我らがサドルマンのセキュリティーシートスクリューです。

こんなちっこいパーツ一枚噛ませただけで何が変わるの?と思ってしまいそうですが、これがあるのとないのとじゃ防犯レベルが全く変わってきます。

そしてお分かりの通り、外観を損なうようなうるさい主張はほとんどありません。

ハーレーの見た目が防犯グッズ一色に染まることなく、窃盗するような悪党には対策していることがしっかり伝わるんです。


セキュリティーシートスクリューの専用ボルトとボルト回し

次はパーツを固定しながら専用のボルトをボルト回しでくるくるはめていきます。

プラスでもマイナスでもない、このボルトのためだけの専用工具ではめていくので物理的に他の人間は外すのが各段に難しくなるのです。

サドルマンの精密な設計はかなりすごくて、長距離を走行してもゆるんでくることがほとんどありません。

軟弱なシートスクリューだといつの間にかゆるゆるになっていて、あげくに吹っ飛んでいった人もいるくらいなので、何でシートを守るかは本当に重要です。


セキュリティーシートスクリューの取り付け後

ボルトがパーツの高さまで埋まれば取り付け完了です。

既存のボルトを外して付け替えるだけなので、すごくシンプルなことがわかると思います。

悪目立ちすることもない外観を備えながら、ボルトを引き抜かせない意思の強さが伝わってきますね。

仮に窃盗集団の視界に入っても、取るのに時間がかかりそうだと思わせられるので、防犯レベルは各段に上がります。

防犯していないシートは他にも山ほどあるので、わざわざ防犯対策済みのシートは狙いにくいですからね。

たかがパーツ1個、たかがハーレーのうちのほんの一部、それが絶大な安心感を生むもんだったりするのです。


販売ページはこちら>>セキュリティーシートスクリュー【SADDLEMEN(サドルマン)】

防犯対策と同時にカスタムレベルも底上げ

セキュリティーシートスクリュー

シートの防犯性を高める機能はもちろん第一に考えて開発されていますが、それと同時にハーレーに魅力をプラスするカスタムパーツとしての側面も持ち合わせてるのも大きなポイントです。

大きなパーツのカスタムは多くのライダーがやりますが、一目置かれるのは細かい部分にまで施された小さなカスタムパーツだったりします。

純正のボルトのままでももちろんいいのですが、今回のシートスクリューに交換することで他とは違う味を出すことができるのです。

シートのボルト部分は目に入りやすい場所でもあるので、小さなパーツであったとしてもカスタムすることによる存在感は存分に感じられるものだったりします。




いかがでしたでしょうか?

ハーレーのカスタムが盛り上がる中で、防犯対策は軽視されがちだったりします。

バイクの中でもハーレーは特に高く売れるので、それを知っている窃盗集団は隙さえあればいくらでもかっぱらっていこうと考えています。

カスタムじゃなくて防犯対策にリソースを割くのはちょっとなぁと思う気持ちも痛いほど分かりますが、盗られたときの衝撃に比べたらどうってことないもんです。

今回のサドルマンのシートスクリューはカスタムパーツとして楽しめるのはもちろんのこと、これまでにも売れ筋商品として多くのライダーの安心となってきました。

ハーレーのオーナーなら真っ先に取り付けてもいいくらい防犯レベルを確実に上げてくれます。

ツーリングを楽しむのもカスタムを楽しむのも、守られているという安心があってこそです。

最愛の愛車を好き放題される前に先手を打つなら、サドルマンのシートスクリューは強力な切り札になりますよ。



販売ページはこちら>>セキュリティーシートスクリュー【SADDLEMEN(サドルマン)】

 

ハーレーパーツティップスTOPへ

top
top