ライディンググローブの選び方

ライディンググローブの選び方

バンダナ10%OFFセール
  1. TOPページ
  2. ハーレーパーツティップス
  3. ライディンググローブの選び方
 

ライディンググローブの選び方

2018年9月6日
ライディンググローブの選び方

ハーレーに乗る時の必須アイテムの1つであるグローブですが、どのような点に気をつけて選んでいるでしょうか?
ライディンググローブの必要性に付いて考えていきましょう。

グローブに使われている主な素材

ハーレー乗りに好まれているグローブはやはりレザーグローブですが、使われている素材について少し紹介します。


革(レザー)

革(レザー)

ハーレーといえば革製品。ハーレーとの親和性の高いレザーグローブは見た目も安全性もクリアする最適な素材の1つです。
その殆どが山羊や牛の革です。両素材ともに耐久性の高い革なので、怪我から守るのに適しているためです。
安全性の高さもそうですが、使うほどに手に馴染んでいくので、長く使うためにはケアが欠かせません。


合成皮革

ナイロンやポリエステルの上から樹脂でコーティングすることによって強度が増した素材。革製品の代わりとなるべく生み出された人工素材。
以前であれば安っぽく見えるため敬遠されがちでしたが、最近では革製品に見えるよう加工する技術が向上しているため、現在の合成皮革は遠目には革と区別がつかない程になっています。


その他素材

革以外の素材には、ナイロン製やポリエステル、ラバー製の物などがあります。
ナイロン製のグローブは通気性が良いため、夏場には利用することもありますが、大型バイクで使うには安全性についてはあまり高くないため、グローブ用のプロテクターが内蔵されているかどうかを確認して下さい。
ラバー素材は伸縮性が高くグリップ力が増すので、手のひらや指部分に使用されていることもあります。ネオプレーンゴムはウエットスートにも使用されており、防水性も高くレイングローブなどに使われています。

時期に合わせた使い分けを

先程の素材の紹介の際に少し触れましたが、雨の中に適しているのはネオプレーンで作られたグローブです。使用する時期に合わせて、グローブを使い分けることをおすすめします。

時期に合わせた使い分けを

レザーグローブは確かにカッコいいですが、ぐっしょり濡れてしまうほどの雨では素材が傷んでしまいますし、べっとり張り付くような感触を味わいながら運転もしたくないでしょう。
夏場に冬用のグローブでは手が汗で酷いことになるでしょうし、逆に冬場に夏用のグローブでは手が冷たく動かなくなってしまうでしょう。
シーズンごとにグローブを用意しておくか、インナーグローブを使うなどして対応することをオススメします。

ライディンググローブとしての大事な機能

ライディンググローブとしての大事な機能

ハーレーに乗る上で、ライディンググローブが果たすべき機能は何でしょうか。重要な点は2つだと思います。

まずは怪我から守ること。素手のまま、アスファルトでガリッと思い切りこすった経験はありますか?経験が有る方はグローブ選びには安全性を充分に確認したものを選んでいることでしょう。ワザワザ自分でそんなことはしないので経験のない人も多いでしょうが、想像をするだけでもどれだけの痛みを伴うかご理解いただけると思います。
車と違い、ライダーのみを守るものはその身に包んだものだけになります。ハーレーに乗って走行中に、誤って転倒したときにグローブをしていなかったら・・・安全性が充分でないグローブだったら・・・。転倒しても再び走り出すことは可能でしょう。しかし、その際のハンドル操作は怪我をした手では困難なものになっているでしょう。
ライディンググローブを選ぶ時は安全性を考えるのが第一です。

次に大事なのは扱いやすさです。いくら丈夫なグローブでも、指が曲がらないのではハンドルをしっかり握ることも、レバーを引くことも出来ないグローブでは意味がありません。握る力が弱まれば安全な運転が難しくなりますし。手が疲れにくく、握り込みやすいグローブを選択するようにしましょう。
ラバー素材以外のグローブが伸縮性はほぼありませんので、サイズについては詳しく確認して、自分の手の大きさにあったグローブを使うことも大事なことの1つです。
予め手のひら側に湾曲させたグローブが多いので、素手よりもハンドル操作は楽になるため、自分にあったグローブが見つかれば、手の疲労はかなり軽減されるでしょう。

やっぱり見た目も重要

やっぱり見た目も重要

アメリカンバイクにはアメリカンスタイルのファッションが似合います。レザージャケットに身を包んで、ハーレーに乗っているのに、手につけているのが軍手というのはさすがに格好がつかないですし、安全性には難があります(あえてやっているなら止めはしませんが)。ハーレーにはやはりレザーグローブがオススメです。
サイズの問題もありますし、やはりバイクショップへ一度は現物を見に行くことをオススメしています。その上でネット上にある沢山の商品の中から選ぶのがいいでしょう。
やっぱり自分が気に入った見た目を選ぶのが一番です。

ライダーを守る重要アイテム

バイクに乗る以上、一番に守るべきは頭ヘルメットですが、その次に守るべきは手と言ってもいいでしょう。転倒した時などには体を守るために手で思わず庇ったりもするので、自由に動かせるために怪我をしやすい箇所でもあるのです。
ライディンググローブは身を守るための装備です。防御力を上げて、怪我なく安全に、楽しいハーレーライフをお過ごしください。

関連カテゴリー
 
pageTop

電話でお問合せ

スマートフォンページへ


ショッピングガイド