オークションを利用してハーレーを手に入れる際の注意点

オークションを利用してハーレーを手に入れる際の注意点

  1. TOPページ
  2. ハーレーパーツティップス
  3. オークションを利用してハーレーを手に入れる際の注意点
 

オークションを利用してハーレーを手に入れる際の注意点

2018年8月15日
オークションを利用してハーレーを手に入れる際の注意点

高い人気を誇るハーレーダビッドソンですが、新車での購入を考えると金額はやはり大きな負担になります。特に若い人にとっては無視できない金額です。
無理に新車にこだわる必要が無いのであれば、ハーレーの車両やパーツを手に入れるために、オークションという手段を利用する人も少なくはありません。オークションを利用することで新車と比べて出費を抑えることが可能です。

オークションに参加するには

オークションに参加するには

日本でオークションに参加しようと思ったら、ネットオークションの最大手である「ヤフオク!」が真っ先に思い当たるのではないでしょうか。ハーレーの車両はオークションへの出品数も多いため、最新のモデルは難しいでしょうが、希望する年式・モデルの車両も出品されている可能性は高いです。
出品者から見ても、バイクショップなどで売却するよりも、オークションを利用したほうが高値で売れるケースもあるので、常に出品されている車両が有るというのが現状です。最近では「メルカリ」などのフリマアプリの登場で、個人がネットへ商品の出品することが身近になっていることも高い出品数に影響しているのかもしれません。

ネットオークションの参加には、そのサイトの会員IDを取得する必要があります。ヤフオクであれば登録自体は無料のため、手軽に参加することができます。
登録がない状態でも、ある程度の出品情報を手に入れることはできるので、会員登録自体は欲しい車両が見つかってからでも問題ありません。

値段以外のオークションの利点

値段以外のオークションの利点

安く手に入れる目的で利用することの多いオークションですが、希少なモデルやパーツを探す手段としても有効です。

115周年に先駆けて、昨年末に日本でも記念パーティーが開かれたことは記憶に新しいかと思います。記念して115周年限定カラーモデルも合わせて台数限定で販売されました。その5年前にも、110周年記念として、同様に記念モデルが同じく台数を限定して販売しています。その他にも、非常に古いモデルの車両がアンティーク品として、海外のオークションサイトで極少数ですが出品されていることもあります。そういった現在販売されていない希少な車両を手に入れるためには、オークションを利用するしかありません。

これは車両に限った話ではなく、カスタムパーツについても、販売を終了してしまって、新品ではもう手に入らない商品も少なくありません。特に旧モデルのパーツは製造が終了しまって、交換用のパーツが手に入らないという声も聞いたことがあります。店頭で手に入らない以上、中古やオークションで探すしかありません。

オークションはトラブルが多い?

オークションはトラブルが多い?

ネットオークションでは、落札後に商品が届いてからしか実際に現物を確認することができないため、トラブルに発展するケースが非常に多いです。
出品者としても、どうにかして高値で販売したいという思いもありますから、もし不良部分があったとしても、そこをごまかして出品するというケースが無いとは言い切れません。そもそも不良に気づいていないケースだってあります。

写真ではキレイに見えた車両でも、何年もエンジンをかけておらず走れる状態ではない車両が届いてしまって、修理にかなりの費用がかかってしまったといったケースは、オークションに限らず中古販売の車両には付き物といっていいくらい発生しています。
直接商品が見えず、相手もバイクショップではない個人である以上仕方のないことなのかもしれません。

トラブルを回避する

不明な点をそのままにして取引することが、トラブルに発展しているケースが多いです。走行距離や車検の期限といった基本的なことすら情報が無いというようなバイクショップではありえない状態で出品されている物もあります。
オークションでは出品者に対して質問をすることはできますが、ハーレーに詳しい人間を介すること無く、自分で必要な情報を手に入れなくていけません。足りない情報があれば質問して聞き出す必要があるのですが、出品者もハーレー乗りとはいえ専門的知識は持っていないことも多く「分からない」といった返答がくることも考えられます。
もし、すぐに乗れる状態で手に入れたいと思っているのなら、素直にバイクショップなどで実際に動いてる車両を購入するべきでしょう。

トラブルを回避する

最近では中古バイクショップが出品していたり、オークションの代行を行っているショップもあるので、個人とのやり取りにどうしても不安を覚える場合はそういった出品を探したほうがいいかも知れません。
トラブルを回避するためには、出品者まかせにせずに、自分で情報を集め、判断するための知識を持つことが一番確実です。

安心を買う意識で新品を選択する

オークションでは新品が出品されることはまずありませんし、思っていた状態のものが届かなくても店ではないので交換もできませんし、「返品不可」と予め書いてある商品についてはどうしようもありません。

値段が高くとも、新品を正規ディーラーで購入するか。
ある程度のリスクを理解した上でオークションを利用するか。

オークションには保証やサポートというものがありません。その点を考えると、正規のディーラーやバイクショップで購入するということは、今後の安心を含めて買っているということになるのではないでしょうか。
不安がある場合はオークションを利用することはおすすめしません。

 
pageTop

電話でお問合せ

スマートフォンページへ


ショッピングガイド