ハーレーに装着するバッグの種類

ハーレーに装着するバッグの種類

フットペグ10%OFF&シフトペグ10%OFFセール
フットペグ10%OFF シフトペグ10%OFF
  1. TOPページ
  2. ハーレーパーツティップス
  3. ハーレーに装着するバッグの種類
 

ハーレーに装着するバッグの種類

2018年8月28日
ハーレーに装着するバッグの種類

旅の供に欠かせないのはバッグの存在。特に泊まりがけのロングツーリングになるのであれば、沢山の荷物を積み込むために準備をしなくてはいけません。
今回は、バイクに装着するバッグの種類を紹介していきます。

容量の大きいバッグ

サドルバッグ

サドルバッグ

車両の側面につけるサドルバッグ。サイドバッグと呼ばれることもあります。
ツーリングモデルにはハードサドルバッグは標準装備されていますが、多くのモデルにはカスタムで追加装備することが出来ます。

レザーやナイロン製のソフトサドルバッグが人気で、こちらのカスタムをする人の方が多いです。国内外問わず、多数のメーカーが参戦しています。取り付けにはサドルバッグ用のハンガーやサドルバッグガードを使って、車両に傷がつかないように工夫して装着します。
ハーレーのバッグといえばこちらを思い浮かべる人も多いのでは無いでしょうか。ハーレーとレザー製品の相性は抜群です。

ツーリングモデルに標準装備されているハードサドルバッグはプラスチック製で頑丈であり防水。施錠も可能。容量が大きいのも大きな利点です。ソフトサドルバッグと違ってオリジナルペイントを施すことができるので、自分だけのオリジナリティを出すことも出来ます。

>>サドルバッグ

>>ハードサドルバッグ

ツアーパック

ツアーパック

ツーリングモデル用にさらなる積載量を追加するのがツアーパック。大型バイクであるハーレーが更に大きく見え、存在感も大きく跳ね上がります。
こちらも施錠が可能で防犯性が高いです。こちらもプラスチック製なので塗装可能。ステッカーを貼ることでも個性を出せます。

>>ツアーパック

ラゲッジラックバッグ/シートバッグ

ラゲッジラックバッグ/シートバッグ

ツーリングモデル以外の車両後方にバッグを装着するなら、パッセンジャシートに取り付けるシートバッグか、ラゲッジラックに取り付けるラゲッジラックバッグになります。ラゲッジラックが付いていない場合は予めカスタムしておく必要があります。キャリーカートして使えるものも中には存在しています。
シートバッグを使うともちろん2人乗りはできなくなります。容量の大きいものが多いのでロングツーリングには最適のサイズです。

>>ラゲッジラックバッグ

シーシーバーバッグ

シーシーバーバッグ

シーシーバーがあればシーシーバーバッグが取り付けられます。背の高いシーシーバーであれば大きいバッグを取り付けても安定させることができるでしょう。
シーシーバーの背面に固定するのが一般的ですがその限りではなく、あえて前面に固定することで、シートの背もたれ代わりに利用している人もいます。

>>シーシーバーバッグ

コンパクトな小サイズバッグ

タンクバッグ

タンクバッグ

一番手軽に使えるバッグがタンクバッグでしょう。固定タイプは吸盤や磁石、ベルトなどありますが、総じて着脱は簡単です。大小様々なサイズがありますが、普段使いには小型の物に手元に置いておきたい貴重品や、スマートフォンなどのデバイスを入れておくには最適でしょう。上ブタが透明なバッグが多く、地図が見えるように入れることが多かったですが、最近は専らナビアプリに変わっています。
大型の物なら日帰りツーリングくらいの荷物を収めることもできるでしょう。

>>タンクバッグ

ハンドルバーバッグ

ハンドルバーバッグ

タンクバッグは全体のシルエットが太くなるので嫌いという人もいるでしょう。そんな不満を解消しつつ、代わりになり得るのがハンドルバーバッグです。
ハンドルバーへの装着なので車両に跨ったまま目の前のバッグから取り出せるので、眩しくなった時にサングラスを取り出すなどの使い方も可能です。
装着にベルクロを使用していることが多く、取付箇所を選ばないためシーシーバーにも取付可能な商品が多いです。

>>ハンドルバーバッグ

フェアリング・ウインドシールドポーチ

フェアリング・ウインドシールドポーチ

こちらはバッグと呼ぶには小さくなりすぎたカスタムパーツ。 ツーリングモデルのフェアリングにピッタリと収まるポーチや、ウインドシールドの内側のフレームに取り付けるポーチも収納に役立ちます。

>>フェアリング・ウインドシールドポーチ

ツールバッグ

ツールバッグ

何かあったときのための備え。携帯用工具を入れておくためのツール用のバッグですが、もちろん他のものでも入れることが出来ます。積載スペースの少ないスポーツスターにも取り付けられます。
1人でツーリングに出かける際には、最低限の備えとして車載用の工具は準備して置いたほうがいいでしょう。他のバッグに工具を入れておくことも可能ですが、邪魔にもなりやすいので専用のバッグにしたほうが何かと都合が良いです。
フロントでもリアでも装着は可能で、人によっては様々な工夫もされていますので参考にすると良いでしょう。

>>ツールバッグ


そのままの状態でもロングツーリングに耐えれるポテンシャルを持ったツーリングモデルを除けば、ほとんどのハーレーの車両にはバッグのカスタムが必要になってくるでしょう。
色々なものに刺激をもらうことができるロングツーリングは楽しいものです。仲間同士で行くにしても、1人で行くにしても、荷物を積むための準備はしておきましょう。


関連カテゴリー
 
pageTop

電話でお問合せ

スマートフォンページへ


ショッピングガイド