スポーツスターモデルでよくあるオイル漏れ

 

スポーツスターモデルでよくあるオイル漏れ

2018年9月11日
LINEで送る twitter facebook google mail

2004年以降のスポーツスターモデルでオイルタンクの下にあるドレンホースが劣化し、ひび割れを起こしてそこからエンジンオイルが漏れてしまう事例が多く発生しているようです。
エンジンオイルの漏れを放っておくとエンジンが焼き付いてしまうなど大きな故障に繋がりますので早めの対処が必要です。
今回はドレンホースの交換手順のご紹介です。

ドレンホースはこちら >> ドレンホース スポーツスター用

エンジンオイルを抜きます

車両をジャッキアップして固定します、オイル交換の時と同様にドレンホースの先端に付いているプラグを外してエンジンオイルを抜きます。
オイル漏れが酷くなければオイル交換と同時にすれば手間が省けます。

ドレンホースの交換

ドレンホースはオイルタンクにカシメ式のクランプで取り付けてあります。ネジ式のホースクランプではないので取り外しには専用工具が必要になりますが 個人で用意されている方はほとんどいないと思いますので、プライヤーやマイナスドライバーなどを駆使してクランプを破壊して取り外しましょう。
クランプを破壊する際に注意して頂くことは、オイルタンクがプラスチックのため一緒に破壊してしまわないように注意を払いながら作業してください。

ホースクランプが破壊出来たらドレンホースを引き抜きます。
新しいドレンホースを取り付けて、ホースクランプで固定します。ホースクランプはネジ式の物を使うと簡単にできますのでおすすめです。 エンジンオイルを入れる前に忘れずにドレンプラグを取り付けて、エンジンオイルを入れて完了です。



今回の車両は見える側のひび割れとは別に内側に大きな亀裂があり、エンジンオイルがほとんどない状態でした。 この状態での走行は大変危険ですので日頃からドレンホースを目視での点検、オイルタンクにオイルが入っているかの確認を怠らないようにしましょう。