ハーレーに乗る時にサングラスをすすめる理由

ハーレーに乗る時にサングラスをすすめる理由

BILTWELL(ビルトウェル)製パーツ全商品 10%OFFセール
  1. TOPページ
  2. ハーレーパーツティップス
  3. ハーレーに乗る時にサングラスをすすめる理由
 

ハーレーに乗る時にサングラスをすすめる理由

2018年9月13日
ハーレーに乗る時にサングラスをすすめる理由

ジェットヘルメットを愛用している方は、サングラスもセットで装着する人も多いのでは無いでしょうか。
ファッションアイテムとしてサングラスは人気の商品ではありますが、ハーレー乗りにとってサングラスはどのような利便性のあるのか改めて考えてみましょう。

サングラスなどのアイウェアの重要性

サングラスなどのアイウェアの重要性

想像に難くないとは思いますが、サングラスを始めとしたアイウェアは目を守るために装着します。
フルフェイスヘルメットよりもジェットヘルメットの装着率の高いハーレーですから、顔を守るシールドを装着していない人も多いと思います。フルフェイスほどではありませんが、すっぽり包まれるあの感覚が苦手だったり、無いほうが顔に風があたって気持ちがいいなどの理由は様々あるでしょう。

サングラスであれば、顔を覆うこと無く目を守ることができるので、多くのハーレーオーナーにも愛用されています。何も装着していない方は、この機会にサングラスの装着を考えてみませんか。

もし目を守っていなかったらどんなことが起きるでしょうか。真っ先に思いつくのは目にゴミが入ることです。普段であれば目をゴシゴシと掻いたり、自然の涙がゴミを流してくれるまで待ってもいい程度の痛みですが、走行中に目に入るのはそういった微細なものとは限りません。
突然、前を走っていたトラックから粉塵が巻き上げる、ということは少なくない話です。そんな粉塵が自分の目に入ってしまったら・・・目が開けられないほどの鋭い痛みを感じてしまえば、その場に安全に停めることも困難になります。

そうそうある話では無いとは思いますが、安全な走行のために、目を守るためにはアイウェアの装備は必要不可欠なのです。

ゴーグルとサングラスの違い

どちらも目を守るのに不足はありませんが、見た目と装着した感じが違うという点が大きな違いでしょう。

ピッタリと顔にフィットする点からゴーグルの方が、走行中にずれたりしない安心感がありますが、締め付けられるのが嫌という人もいるでしょう。サイズの大小の違いもあって、使っているヘルメットと一緒には装備できないという問題点も出てくるかも知れません。
サングラスであれば耳にかけるだけなので、ゴムで締め付けられることもありません。ただその分、スピードを上げたり強風にあおられた時に飛んでいってしまうのではないかという心配は出てきます。ヘルメットに鑑賞することが無いので装着できないという不安は無いでしょう。

安全性を上げる偏光レンズ

安全性を上げる偏光レンズ

バイクショップで売られているサングラスを購入すればまず間違いありませんが、もっとも高い安全性を得られるのは偏光レンズが使用されたものです。

偏光レンズには偏光膜というフィルムがレンズの中には入っています。これは余計な光を遮断してくれる特殊なフィルムで、正面以外からの強い光の反射などを通さない用になります。どこかから強い光の反射をうけて眩しいと感じたことは無いでしょうか。それらを防ぐことができるのが、この偏光レンズです。クリアタイプのものでも効果があります。
ハーレーや車に乗る時以外にも、釣りやスポーツなど日常的に使われてるようになってきています。

余談ですが、偏光膜が使われている身近な物の中に、スマホの覗き見防止保護フィルムがあります。

目を紫外線から守る

目を紫外線から守る

紫外線が肌に良くないのは知られた話ですが、目にも良くないというのはご存知でしょうか。

肌は紫外線を浴び続けると日焼けを起こします。目も炎症を起こしたりして白内障などの病気になってしまいます。それを防ぐためにもサングラスは役立っています。
よく晴れた日にロングツーリングの行く予定があるのであれば、目の保護のことも思い出してください。ベースボールキャップをヘルメットの下に被ったり、つばのあるタイプのヘルメットを使用することでも、ある程度和らげることもできます。

どんなサングラスを選べばいいか

ファッション用のサングラスと、バイク用のサングラスとの大きな違いは、顔との密着性です。バイク用のメガネはハイカーブと呼ばれるメガネフレームを利用しており、顔の丸みに沿って強く湾曲させたフレームになっています。この構造が風を受けても容易に飛んでいかない要因になっています。
通常の眼鏡のようなフレームでは、顔と眼鏡との間に隙間があるため、強い風が吹いたときに飛ばされてしまう恐れがあります。バイク用のものが望ましいですが、ロードバイク用のものでも最近の物はしっかりと顔にフィットしてくれるので、ある程度の安心感はあります。種類が豊富で見た目で選ぶ人はそちらから選ぶ人もいます。

顔を守るサングラス以外のアパレル

視界を守って安全を確保するという点でサングラスは優れていますが、目以外も守りたいという場合、フェイスマスクバンダナを組み合わせることで見た目にもカッコよく対策することが出来ます。合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。


関連カテゴリー
 
pageTop

電話でお問合せ

スマートフォンページへ


ショッピングガイド