ウインドシールドを付けるか付けないか

ウインドシールドを付けるか付けないか

バンダナ10%OFFセール
  1. TOPページ
  2. ハーレーパーツティップス
  3. ウインドシールドを付けるか付けないか
 

ウインドシールドを付けるか付けないか

2018年9月22日
ウインドシールドを付ける付けないか

寒い時期になってくると、装着する車両が増えてくるウインドシールド。人によってあったりなかったりが分かれるカスタムパーツです。 その有無の差と、性能面に付いて見ていきましょう。

純正車両に付いてるか付いてないか

純正車両に付いてるか付いてないか

ハーレーの車両の純正モデルカタログを見てみると、ウインドシールドが元々付いている車両と付いていない車両が確認出来ます。ですので、必ずしも装着しなくてはいけないカスタムパーツでは無いということは分かりますが、その差はどこから来ているのでしょうか。

公言されたデータはありませんが、その役割と考えると、街乗り用やコンパクトなモデルでは、見た目をスッキリさせるために取り付けず、ツーリングを視野に入れたモデルでは見た目のバランスに合わせて取り付けられているように思います。
新たに取り付けを考えている人も、乗り方やスタイルに合わせて選択をすることになりますね。

ウインドシールドのメリット

ウインドシールドを装着するメリットは以下のようなものがあります。

風から身を護る

風から身を護る

名前からも分かるように、1番のメリットはライダーが受ける風を防ぐことにあるでしょう。
風を切って走るイメージのあるバイクですが、実際には切っているわけではなくその身に受け止めています。街乗りであればあまり気にすることもないのでしょうが、長距離ツーリングを趣味にしているハーレー乗りは多いです。よほどの理由がない限りは高速道路を長い時間走ることになると思います。そうなってくると、その身に風を受け続けるということで不都合が出てきます。冷えによる体の硬直です。

寒くなると手がかじかんでしまい、缶のプルタブを開けるのさえも辛くなってしまったという経験は無いでしょうか。あの現象がハーレーの走行中に起こったと考えると・・・安全に走行することが困難になることは想像に難くないと思います。
暑い時期のツーリングでは風は最高の清涼剤となり得ますが、寒くなってくると、途端にライダーに牙を向きます。ハーレーで安全なツーリングをするためにも、寒くなってきたらウインドシールドで風対策することは重要になってきます。


雨から身を護る

雨から身を護る

背の高い低いで差は出てきますが、雨天時にも役立ちます。
背の高いものであれば、前傾にして視界をウインドシールド越しにしてやれば、顔に当たる雨を減らすことが出来ます。ヘルメットシールドが付いていない場合には非常に高い効果を感じることができるでしょう。
走行中は顔に雨があたっても、その水滴を不快に感じてもなかなか拭うことが出来ません。予め当たらないような工夫として、ウインドシールドやヘルメットシールドが有効になります。

ウインドシールド越しの視界にも注意を払いましょう。水滴がいつまでもこびり付くようなら、洗車時にウォーターレベレントを使ってウインドシールドの撥水効果を高めておくとよいでしょう。


飛来物や虫から守る

飛来物や虫から守る

ハーレー乗りを始め、ライダーたちを意外に悩ませているのが虫による被害。スピードが出ている時に顔に当たったりすると結構痛いですし、知らないうちにジャケットにも虫汚れが付いていたりと何かと厄介な存在です。路面のあれた道路などでは、小石が跳ねて飛んでくる可能性もあります。
そういった外的被害から守ることにも適しています。虫だけでなく、稀にですが鳥が突っ込んでくるといったことも有るようです。
お使いのウインドシールドを確認してみると、虫汚れや細かな傷が沢山付いているかも知れません。それらはそういったものから貴方を守った証です。労いを込めてしっかりとキレイにしてあげて下さい。

>>シールドの虫汚れ、キズをクリーニング

見た目 < 性能

効果の高さだけを見ると、なぜ全ての車両に付いていないのだろうと感じる人もいると思います。付いていない理由の大半は、乗っている車両との相性が良くないから。
性能の話ではなく、見た目の相性の問題です。

特に汎用品は、どの車両にも加工次第で取り付けが可能という美点がありますが、反面見た目のバランスはモデル適合品と比べて憂慮されていないといえます。
なので、そのようなウインドシールドと相性の悪い車両というのはなかなか多いものです。見た目を重視して取り付けずにいるという人も少なくありません。

そういった都合があるため、長距離走行の時は付けるけど普段は付けないという人に、デタッチャブル式の着脱が容易なものが好まれています。

長距離走行時には心強いパーツ

普段は必須というほどの差を感じることの少ないウインドシールドですが、長距離走行時に有るのと無いのとではかなりの差を感じる人が多いようです。
走行時に受ける風は気持ちの良いものですが、徐々に披露を蓄積しているものです。疲れが少なくなればもっと遠いところまで足を伸ばそうという気持ちにもなり、行動範囲が広がれば更にハーレーでのツーリングを楽しむことができるようになります。

装着した時は、ガタツキがないか充分注意するようにしましょう。走行中にガタガタと音を立て始めると、その先ずっと不安になりながら走ることになります。事前にボルトの締め具合を確認したり、SAなどでボルトを締め直しできるよう車載工具を備え付けておくと安心してツーリングを楽しむことが出来ます。


この記事内で登場したアイテム
関連カテゴリー
関連コンテンツ
 
pageTop

電話でお問合せ

スマートフォンページへ


ショッピングガイド