ハーレーダビットソン 2024年モデルの第2弾!人気の2モデル+CVO25周年モデルが登場!!

harley2024-2

1月25日に発表に発表されましたハーレーダビットソンの2024年の新型モデル第2弾。

大方の予想通り、人気モデルのロードグライド&ストリートグライドの新型にCVOの記念モデルが出てきましたね。

今回はこの3モデルのスペックや特徴などをご紹介したいと思います。

新型「ロードグライド」と「ストリードグライド」

harley2024-2
2024 ROAD GLIDE(ロードグライド)
harley2024-2
2024 STREET GLIDE(ストリートグライド)

フェアリングのバージョンアップ

新型「ロードグライド」と「ストリードグライド」はそれぞれに新形状フェアリングのデザインを採用。

harley2024-2

ロードグライドは昨年夏に投入された新しい“シャークノーズフェアリング”を装備。

これまでの2灯式からフルLED一体化へ。すべてのラインがつながる流線型で、空気をスムーズに流す設計となっています。

harley2024-2

ストリートグライドも同じく伝統のバットウイングフェアリングがリニューアル。

ヘッドライトや灯火器類はすべてLEDにとなり、シグネチャーポジションライトはさらに大きな羽を広げたような迫力あるデザインに進化しました。


ともに高速走行時におけるヘルメットのバフェッティング(気流の渦による振動現象)を平均約60%低減に成功。デザインだけではなく、機能面でもライダーの疲労を和らげます。

Vツインエンジンの排気量向上と快適化

harley2024-2
harley2024-2

エンジンはともに排気量1923cc「ミルウォーキーエイト117」を搭載。

新しい冷却式シリンダーヘッドシステムにより放熱を抑制し、特に低速走行時や暑い日での快適化を図っています。

またリアサスペンションのトラベルを3インチに拡大させ、新設計の一体型シート形状とパッド素材により、長距離走行時の快適性を大幅アップ。

加えて2023年モデルからそれぞれ7.3kg~8.2㎏の軽量化がされており、加速・ブレーキなどのライディング性能など、あらゆる面で、ライダーの快適な乗り心地を向上させました。

デジタルコントロールの進化

harley2024-2
harley2024-2

電子制御系も進化。アナログ式のメーターやスイッチ類に代わって、タッチスクリーンがフェアリングにマウント。操作性と機能性に富んでいることがわかります。

3つの独自のディスプレイがデフォルトになり、インフォテインメントシステムにはハーレーダビットソンの「Skyline OS」が搭載。

ライディングモードは「ロード」「スポーツ」「レイン」「カスタム」が選べ、力伝達、エンジンブレーキ、コーナリングアンチロックブレーキシステム(C-ABS)、コーナリングトラクションコントロールシステム(C-TCS)などの設定を独自に組み合わせて、さまざまなツーリング状況に対応します。

またディスプレイの左右には200Wの新型オーディオアンプも組み込まれ、オーディオのパフォーマンスも向上しました。

CVOロードグライドST

harley2024-2

今年で誕生25周年を迎えた「CVOロードグライドST」

そもそもCVOとは、Custom Vehicle Operation(カスタムビークルオペレーションズ)の略であり、ハーレーダビッドソンのなかでも一台ずつ手組みで製作される特別なモデルで、モデルラインナップの最上位に位置づけられている車両に付けられる名称です。

そこにST=スポーツツーリングモデルが加わっているので、かつてない高級感と疾走感が味わえるモデルなのかもしれません。

超弩級のVツインエンジン

harley2024-2

排気量は1977ccの「ミルウォーキーエイト121ハイアウトプット」Vツインエンジンを搭載。

このモデル専用のチューニングが施されハーレー史上過去最高の126馬力(94kW)と193Nmのビックトルクを発揮します。また加速性能を高めるべく、ファイナルドライブのギア比も低めに設定されています。

軽量化

harley2024-2
harley2024-2

軽量チタン製シェルとカーボンファイバー製エンドキャップを用いたマフラーや、カーボンファイバー複合素材のフェンダー、シートカウル、タンクコンソール、軽量複合材でできたオイルパンを用いるなどして、 「CVOロードグライド」比で13kgの軽量化も実現(車両重量は380kg)。

パフォーマンスと快適性を最適化

harley2024-2
harley2024-2

軽さを重視したグロスブラックのキャストアルミ製のホイールとウエーブスタイルのフロントブレーキローターは、 性能向上のためバネ下重量が最小限になるように設計。

またフロントとリアのサスペンションにはフルアジャスタブルのSHOWA製が装着。ライダーにあわせたセットアップ調整ができます。

デジタルディスプレイによる新体験

harley2024-2
harley2024-2

ディスプレイ周りも新型ロードグライドとストリートグライドと同様3つの独自のディスプレイオプションに。

ライディングモードは「ロード」「スポーツ」「レイン」に加えて、新たに「トラック」および「トラックプラス」と複数の「カスタムモード」が設定可能となりました。

CVO誕生25周年記念仕様

harley2024-2
harley2024-2
harley2024-2
harley2024-2

カラー展開はゴールデンホワイトパールとレイヴンメタリックの2種類。

どちらとも高級感あふれるプレミアムペイントで、フェアリングサイドとフューエルタンクには、ハイパフォーマンスモデルの象徴であるスクリーミンイーグルグラフィックが。

また各所にCVOの25周年記念グラフィックも配置されています。

以上になります。

大きくリニューアルされたロードグライドとストリートグライドに加え、25周年記念の特別車両として登場したCVOロードグライドST。

1月25日に発表と同時に、全国のハーレーダビットソンの正規ディーラーで予約販売が開始しております。

待っていた!興味がある!そんな方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

TOP