マンバのリバースギア取付 ハーレーカスタム

マンバのリバースギア取付 ハーレーカスタム

フットペグ10%OFF&シフトペグ10%OFFセール
フットペグ10%OFF シフトペグ10%OFF
  1. TOPページ
  2. ハーレーパーツティップス
  3. マンバのリバースギア取付
 

マンバのリバースギア取付

2015年4月17日
マンバのリバースギア取付

ツーリングモデルなどの大型車両ではガレージへの駐車や狭い場所での方向転換など、リバースギアがあると非常に重宝する場面があります。 狭い場所を通ることが多い方は、より快適に乗るためにリバースギアの導入も視野に入れてみてください。

使用車両:1998FLHT、2015FLHX
>> CAST5 リバースギア
>> BILLET6S-HS リバースギア 油圧クラッチモデル

ミッションオイルを抜き、マフラーなどを外す

1998FLHT

2015FLHX

ミッションオイルを抜き、クラッチケーブルのアジャスター部分を緩める。サドルバッグ、マフラーなど取付の際に邪魔になる部品を取り外します。
※2015年FLHXは油圧式クラッチのためアジャスターはありません。
※取り付けるモデル・年式によってマフラーの交換が必要になる場合がございます。 また、装着しているマフラーによってリバースギアが装着できない場合がございます。

トランスミッションサイドカバーを外す

1998FLHT

1998FLHT

トランスミッションサイドカバーを外し、メインシャフトナットとカウンターシャフトナットを外していきます。
メインシャフトのねじ部分をしっかりと脱脂して付属のロックタイトを塗布してください。Rメインギアを取り付けて、専用工具を用いて規定トルクで確実に締めます。

2015FLHX

メインギアドリリング加工

トランスミッションの中やベアリングの中に削りカスが入らないようにティッシュペーパーなどで穴を塞ぎます。 ドリルに超硬ドリルを装着してRメインギアにすでに開いている穴をガイドにしてメインシャフトを削ります。削り終わったらロックピンを取り付けます。

カウンターシャフトねじ部分を脱脂して付属のロックタイトを塗布し規定トルクで確実に締めます。 カウンターボスにグリスを塗布しカウンターギアを取付、ブレーカーキーを入れて付属のワッシャーとボルトを規定トルクで確実に締めます。

リバースギア取付

1998FLHT

1998FLHT

ミッションエンドカバーのボルト座加工をしておきます。 リバースギア本体を取付て、ミッションエンドカバーを装着、クラッチの調整をおこないます。

2015FLHX

付属のプッシュロッドに交換します。 ノーマルのピストンを外し本体に組み込み、車体に装着してクラッチのエア抜きをおこないます。

マフラーなどを組み付けて完成

1998FLHT

2015FLHX

最後にレバーを組み付け、マフラーなど取り外したものを装着します。トランスミッションオイルを忘れずに入れて完成です。

ご希望の方はお取り寄せになりますのでお問い合わせください。

 

こんなパーツもあります

  • ZOMBIE INFINITY ホーンカバー クリアキン
  • LED HALO ヘッドライトトリムリング
  • 8ボール チョークノブ
  • ブルードット
pageTop

電話でお問合せ

スマートフォンページへ


ショッピングガイド