ヘッドライトON/OFFスイッチの取付 ハーレーカスタム

ヘッドライトON/OFFスイッチの取付 ハーレーカスタム

  1. TOPページ
  2. ハーレーパーツティップス
  3. ヘッドライトON/OFFスイッチの取付
 

ヘッドライトON/OFFスイッチの取付

2015年10月20日

エンジン始動時のヘッドライト点灯状態を消灯しバッテリーの負荷を軽減するスイッチの取付です。

今回は「1灯式」、取付車両は2007年FXDモデルでございます。

商品はこちら >> ヘッドライト ON/OFF スイッチ

ヘッドライトのトリムリングを外します。

 

ヘッドライトのトリムリングを外し、カプラーを外します。

ヘッドライトON/OFFスイッチの取付

ヘッドライトON/OFFスイッチを車体からの配線とヘッドライトの間に取り付けて、ヘッドライトを組み付けます。

 

今回はヘッドライトハウジングが小さく、ヘッドライトON/OFFスイッチが収まりきらないので車体側のカプラーとそれに繋がるヘッドライトON/OFFスイッチのカプラーを切断してギボシ端子を付けます。

ギボシ端子に変更することにより、ヘッドライトハウジングにうまくヘッドライトON/OFFスイッチが収まるようになります。

ヘッドライト、トリムリングを取り付けて完成です。(ポジションランプは消えません)

ギボシ端子に変えた時の注意点

ギボシ端子に変えた場合、繋ぎ合わせる配線の色は同じにならない部分がありますので注意が必要です。



いかがでしたでしょうか。ソフテイルやツーリングモデルの場合はギボシ端子に変える必要がないので、さらに簡単に装着することができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

こんなパーツもあります

  • スカルミラー クリアキン
  • スパークプラグ ホルダー
  • ブルードット
  • 8ボール チョークノブ
pageTop

電話でお問合せ

スマートフォンページへ


ショッピングガイド