エンジンに空気を送るエアクリーナー交換 ハーレーカスタム

エンジンに空気を送るエアクリーナー交換 ハーレーカスタム

  1. TOPページ
  2. ハーレーパーツティップス
  3. 取り付け塾 エアクリーナー交換編
 

取り付け塾 エアクリーナー交換編

2012年04月13日

エンジンに空気を送る入り口、エアクリーナーの交換手順について説明します。 エアクリーナーも比較的簡単に行えるパーツ交換なので、バイクいじりに慣れていない方でも、手順を見ながら自分でできるカスタムだと思います。

今回はリリース以来とても人気の、S&Sのエアークリーナーを例に、手順をご説明します。
使用した車両は2009年FXCWCです。

S&S エアークリーナー ハイフロータイプ
吸気効率の向上と安定したエアを供給しエンジンのパフォーマンスを引き出します。 取り付けに必要な、ブラケット、ブリーザーキット等すべて含まれたコンプリートキットです。

1.まずはエアクリーナーを取りはずす

【STEP1】
はじめにエアクリーナーカバーを取りはずします。

【STEP2】
ブリーザーボルトをはずし、バックプレートをはずします。
バックプレートをはずす前に、裏側を確認してみてください。センサーが付いているので、センサーは先にはずしておきましょう。

2.キットを順番に取り付ける

【STEP3】
キャブレター(スロットルボディ)に、ガスケットとアダプターを順番に取り付けます。 次にブリーザーボルト、パイプを取り付けます。アダプターとパイプをホースで繋ぎます。

ガスケットの入れ忘れには注意してください。 また、ブリーザーボルトは中が空洞のため折れやすい部品です。締め付けトルクに注意しましょう。

【STEP4】
アダプターとバックプレートの間にガスケットを入れバックプレートを取り付けます。
ブリーザーボルトとの高さが合わない場合は付属のスペーサーで調節してください。

【STEP5】
フィルターとカバーを取り付けます。
フィルターの取り付け位置は内側に前側のボルト2本で、後側の1本はフィルターの外側になります。

以上で完成です。

エアクリーナーキットも様々な形や性能のものがリリースされています。 見た目で選んでもいいかと思いますが、吸気効率が変わるパーツです。マフラー交換をした後は、相性がいいものを探してみるとよいでしょう。

 

こんなパーツもあります

  • プロブレイドブラック ブレーキ&クラッチレバー
  • ZOMBIE INFINITY ホーンカバー クリアキン
  • ZOMBIE シフターアームカバー
  • スカルミラー クリアキン
pageTop

電話でお問合せ

スマートフォンページへ


ショッピングガイド