エアクリーナーが重要な理由

エアクリーナーが重要な理由

BILTWELL(ビルトウェル)製パーツ全商品 10%OFFセール
  1. TOPページ
  2. ハーレーパーツティップス
  3. エアクリーナーが重要な理由
 

エアクリーナーが重要な理由

2018年9月14日
エアクリーナーが重要な理由

皆さん、エアクリーナーのメンテナンスは定期的に行っていますか。ハーレーの心臓部であるエンジンを不純物から守る大切なパーツです。今回はエアクリーナーの、主にフィルターについての話です。

エアクリーナーはハーレーに何をもたらすのか

エアクリーナーはハーレーに何をもたらすのか

エアクリーナーで最も大事な部分は、エアーフィルターエレメントです。これがあるのでエンジン内の空気はキレイに保たれています。異物の混入を防ぐことで、エンジンの寿命とパワーは保たれています。愛車を長く乗り続けたいと考えている人ばかりだと思いますので、エアクリーナーは定期的なメンテナンスを心がけるようにして下さい。
きれいな空気をより多くエンジンに送ることで、パワーの強化にも繋がりますので、エアクリーナーは人気のカスタムパーツの一つです。

フィルターの種類

フィルターの種類

現在販売されているハーレー用のエアクリーナーは大きく分けて「乾式」と「湿式」の2種類です。エアクリーナーのフィルターにオイルを染み込ませたかそうでないかで分類されています。
そこからさらに、メーカーや素材によっても仕様が細かく異なります。
湿式はオイルが染み込ませてあると色がついているので間違えることはないでしょう。

乾式は乾いた繊維で埃や塵を絡め取る方式で、徐々にフィルターにゴミが溜まっていきます。エアダスターで埃を吹き飛ばせば手軽にメンテナンスができますが、目に見えずに絡みついたものまでは飛ばすことができないので、ゆくゆくは交換する必要があります。
湿式は染み込ませたオイルに誇りや塵を吸着する方式で、汚れ自体はオイルに付着するため、オイルを洗い流したあとに、新しいオイルを補給するという方法で繰り返し使うことが出来ます。

メンテナンスや交換のタイミング

一般的に、乾式と湿式とでは、湿式の方が汚れやすいと言われています。

湿式のエアーフィルターエレメントのメンテナンスには、専用のクリーナーが必要になります。湿式を購入する場合、クリーナーも忘れずに購入するようにしましょう。湿式はメンテナンスさえ定期的に行っていれば、半永久的に使えるとも言われています。
メンテナンスのタイミングの目安は走行距離が3000kmを超えたくらいで気にするようにしましょう。クリーナーカバーを開けて、フィルタの色が抜けていたり、黒ずんでいたりしたらメンテナンスの必要があります。クリーナーを使って汚れをおとしてから、オイルを新たに塗り込みます。

乾式の交換タイミングの目安は走行距離が8000kmぐらいと言われています。よく走る道の状況にもよるので一概には言えませんが、これ以上走ったら流石に燃費的にも悪影響が出ていると思います。
フィルターが目に見えて真っ黒になっていることでしょう。

■詳しい交換方法はこちらの記事から確認出来ます。
>>エアクリーナーフィルターの交換【2011年FXDF】
>>取り付け塾 エアクリーナー交換編

パワーを上げるならエアクリーナーのカスタム

パワーを上げるならエアクリーナーのカスタム

純正のエアクリーナーフィルターを使ってる方は、ぜひフィルターを変えてみて下さい。力強い走りになることは間違いないでしょう。
というのも、純正のフィルターは、素材の密度が高く不純物を通さない反面、吸気効率が良くないため、充分にパワーが発揮できていません。吸気効率の高い湿式に変えるだけで、驚くほど違いを実感できると思いますよ。

パワーで選ぶなら吸気室の高い湿式がオススメです。

雨天時にはカバーをかけることがほとんど

雨天時にワザワザ走りたいと思う人はほとんどいないと思いますが、突然の天気の変化で急に降られることもあると思います。エアクリーナーは少々の雨ならばいきなり壊れることはさすがにありませんが、それでも防ぐに越したことはありません。
エアクリーナーを製造・販売しているメーカーから、専用のレインカバーも出ています。そこまでかさばるようなものでもありませんので、他の雨対策グッズと一緒に入れておくのが良いでしょう。

雨水には空気中の埃も含まれていますし、跳ね上げた泥水は言うまでもありません。エアクリーナーカバー内の汚れも空気の汚れに繋がるので、なるべく防ぐようにしましょう。

定番のエアクリーナー

実際に変えてみるまでどのような違いが有るのかはなかなか分からないので、どれを選べばいいか悩むところですが、エアクリーナーの中には定番とも呼ばれている商品がいくつかありますのでご紹介します。参考にしてみて下さい。

S&S エアークリーナー ハイフロータイプ

S&S エアークリーナー ハイフロータイプ

多くの車種に対応した製品が販売されている、S&S製のエアクリーナーキットです。安定した吸気効率を保ち、ライダーに喜びを与えてくれます。取り付けに必要なパーツが全て含まれていることもあって、非常に人気の高い商品です。

MAX HP エアクリーナー

MAX HP エアクリーナー

高品質なカスタムパーツを生み出すことでお馴染みのPerformance Machineからはこちらの商品を紹介。2018年ソフテイルモデルでも対応しています。専用のレインカバーも用意されているので、雨の日でも安心です。

K&N ハイフローエアーフィルター

K&N ハイフローエアーフィルター

こちらはエアーフィルターの定番、K&N製の純正エアクリーナーに対応したエアーフィルター。空気の流入量を増やしてパワーを上げるのに一役買います。専用のクリーナーキットがあればメンテナンスも心配すること無く行えます。


この記事内で登場したアイテム
関連カテゴリー
関連コンテンツ
 
pageTop

電話でお問合せ

スマートフォンページへ


ショッピングガイド